Return to site

【開催案内】『草の根ロビイング勉強会』~「6時の公共」の実践から考える、新しい連携のあり方~

2019年7月29日(月)ちよだプラットフォームスクウェア(本館)401号室

· 『草の根ロビイング勉強会』セミナー

NPO法人 市民アドボカシー連盟では、2016年からNPO等でのロビイング実践者をはじめ、自治体首長、国会議員政策秘書、メディア記者、助成・プロボノ支援者など様々な方々を講師にお招きして『草の根ロビイング勉強会』を開催しています。

今回の勉強会では、NPO法人6時の公共代表で千葉県庁職員の仁平 貴子(にひら たかこ)さんをお招きします。

仁平さんは千葉県庁の職員として2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティア活動の促進など多忙な業務をこなしつつ、政治・行政・市民/NPO等様々な方が参加しているNPO法人6時の公共の代表としても活躍されています。

仁平さんの団体・個人としてのユニークな実践事例をお聞きした上で、地域の人材のパラレルな活躍や協働に向けて、NPOと議員・公務員が組織として個人として、どのように連携していけばいいのか?などを参加者も交えながら議論します。これからのNPOと議員・公務員の連携のあり方を一緒に考えましょう!

この機会にアドボカシーやロビイングにおいて注意しなくてはならないポイントや、また社会課題の解決に向け効果的なアドボカシーができるよう、実践事例から学んでみませんか。ぜひ、ご参加ください!

『草の根ロビイング勉強会』~「6時の公共」の実践から考える、新しい連携のあり方~

日 時:2019年7月29日(月)19:00~21:00(開場18:45)

場 所:ちよだプラットフォームスクウェア(本館) 4階 401号室

(〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21)

地図・アクセス⇒ http://www.yamori.jp/access/

定 員:40名

参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)

※市民アドボカシー連盟の「正会員」「賛助会員」は会員特典として『草の根ロビイング勉強会』が毎回無料で参加できます。「会員専用」より参加をお申込みください。【入会案内】ページ

主 催:市民アドボカシー連盟

★★★お申込み★★★

https://advocacy20190729.peatix.com/ からお申込みください。

<スケジュール>

19:00 オープニング・趣旨説明

19:05 市民アドボカシー連盟の紹介

19:10 仁平さんによる講演

20:00 参加者の方を交えた質疑応答・意見交換

20:30 交流会

20:45 終了

※終了後は場所を移動して懇親会を開催(希望者のみ)

<登壇者プロフィール>

仁平 貴子さん(NPO法人6時の公共 代表理事・千葉県庁職員)

1980年生まれ。埼玉県出身、千葉市在住。亜細亜大学国際関係学部卒業。国際協力NGOインターン、社協ボランティアコーディネーター、民間企業、大使館勤務等を経て、2007年千葉県庁入庁。現在、市民協働・ボランティア推進の課にて、東京2020オリンピック・パラリンピックの都市ボランティア企画運営を担当。およそ2年間、有志の公務員によるネットワーク「チーム千葉県」の学習会運営をベースに、2017年12月、NPO法人6時の公共を設立。市民や地方議会議員、自治体職員が共に集まり、これからの自治体運営に必要な知識を学び、対話することで、新たな知恵を生み出すコミュニティの拡大に取り組む。

NPO法人6時の公共ウェブサイト:http://pm6lp.org/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly