サイトへ戻る

【開催報告】『草の根ロビイング勉強会』~「6時の公共」の実践から考える、新しい連携のあり方~

2019年7月29日(月)夜・東京 ちよだプラットフォームスクウェア

· 『草の根ロビイング勉強会』セミナー

今回の勉強会では、NPO法人6時の公共代表で千葉県庁職員の仁平 貴子(にひら たかこ)さんをお招きしました。

仁平さんは千葉県庁の職員として2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティア活動の促進など多忙な業務をこなしつつ、政治・行政・市民/NPO等様々な方が参加しているNPO法人6時の公共の代表としても活躍されています。
仁平さんの団体・個人としてのユニークな実践事例をお聞きした上で、地域の人材のパラレルな活躍や協働に向けて、NPOと議員・公務員が組織として個人として、どのように連携していけばいいのか?などを参加者も交えながら議論し、これからのNPOと議員・公務員の連携のあり方を一緒に考えました。

この機会にアドボカシーやロビイングにおいて注意しなくてはならないポイントや、また社会課題の解決に向け効果的なアドボカシーができるよう、実践事例から学びました。

『草の根ロビイング勉強会』~「6時の公共」の実践から考える、新しい連携のあり方~
日 時:2019年7月29日(月)19:00~21:00(開場18:45)
場 所:ちよだプラットフォームスクウェア(本館) 4階 401号室
(〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21)
地図・アクセス⇒
 http://www.yamori.jp/access/
定 員:40名
参加費:1,000円(事前決済・キャンセル不可)

主 催:市民アドボカシー連盟

<スケジュール>
19:00 オープニング・趣旨説明
19:05 市民アドボカシー連盟の紹介

代表理事 明智カイト

※団体概要や事業紹介はこちらからご覧いただけます。

19:10 仁平さんによる講演
20:00 参加者の方を交えた質疑応答・意見交換
20:30 交流会
21:00 終了
講師の仁平さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。